法窓小話

乱筆乱文にて失礼致します

雪ん子

昨日降り積もった雪も今日には溶け始めて,だいぶ固くなってしまった。
力をこめて踏みつぶすとザクザクと音がする。
塊にして投げると重くドスンという音がして砕けた。当たると痛い。
これだったら昨日のうちにもっと雪で遊んでおくべきだったか。



雪を見たのは何年ぶりだっただろうか。昨日の朝,カーテンを開けるとすでに雪が降り積もっていた。
天気予報をチェックしてなかったおかげで,予期せぬ銀世界を目にすることになった。
家も車も畑も山もすっかり雪色に染められ始めていた。
一方で,地面をすべて覆うまでの降雪量ではなく,むき出しのままの地面もちらほら目についた。
大小様々な雪の粒が斜めにふらふらと落ちてきて,アスファルトの上に着地しては融けて消えていく。
しばらくの間,私はみとれていた。


私の住んでいた地域では降雪は一年に一回あればいい方だったと思う。
子供の頃から雪を見ると気持ちが弾んだものだった。
半日ぐらいかけて雪だるまをつくり,雪の椅子をつくり,小さなかまくらをつくって遊んでいた。
冷凍ミカンをつくるぞと息まいて,ミカンを雪の中に埋めたりしたこともあった。
たが友人が少なかったからか雪合戦はしたことがなかった。
それでもけっこう楽しんでいた気がする。


久しぶりに雪を見たときも子供の頃のように気持ちが弾んだ。
ただ寒さのせいか外に行こうという気が全く起きなかった。
気持ちは昂ぶるが身体がついていけない。それはまるで運動会で張り切る親のような感じか。
まだまだ半人前のひよっこではあるが,その時はいっちょまえに俺も歳をとったもんだなと思った。
外では近所の子供たちが雪の中をはしゃぎ回っているようだ。楽しそうな声が部屋の中まで伝わってくる。
いつか子供ができたら雪原を一緒にかけずり回りたい。
そんなことを思いながらカーテンを閉めた。