法窓小話

乱筆乱文にて失礼致します

『聖☆お兄さん』第5巻感想

読書感想文の類は昔から苦手なのですが、余興で書いてみます。

【一応、注意】以下、ネタばれを含みます。




今回の巻は、メインキャラ以外がけっこう出ていました。大天使たち、使徒、ブッダの弟子など多彩なメンバーの活躍が目立ちます。その代わり極道さんの出番が全然ありませんでした。あの勘違いっぷりのキャラが結構気に入っていただけに残念です。

今回は、イースターの話が面白かったです。ペトロとアンドレが托鉢僧の姿で現れたり、ユダの出番がえらく少ない割には台詞が無駄に長かったりとか・・・

最後のほうに、「安心の壺」を買わせようとする中年女性が出てくるんですが(「カルト」宗教団体による霊感商法ですかね)、個人的には「カルト」とイエス・ブッダの対決(?)が見られてニヤニヤしてしまいました。ただ、やるなら双方とももっと捻った感じにすればいいんじゃないですかね(笑)

次巻も楽しみです。


聖☆おにいさん(5) (モーニングKC)

聖☆おにいさん(5) (モーニングKC)